<<前のページに戻る
表紙に戻る

 (昭和61年)

「オーディオロマンが最新テクノロジーで結晶したDL-103LCII」
「話題のLC-OFC(線形結晶無酸素銅)線使用」

MCカートリッジ
DL-103LCII
標準価格:21,000円

針交換
標準価格:12,600円

■1986年2月



発売にあたって

昨年、日本コロムビア創立75周年を記念し発売致しましたDL-103LCは、当初の予定数量を完売させていただきましたが、一方、熱烈な音楽愛好家やオーディオマニアの方々からDL-103LCの継続発売をご要望する声があり、ここにDL-103LCIIと品番を改め、再度ロングランモデルとして、MCカートリッジシリーズに加えさせていただく事になりました。


特長

1. LC-OFC線の採用

高純度無酸素銅線の銅結晶を巨大化し、信号伝送ロスをおさえるべく開発されたLC-OFC線をコイルに採用、クリアーで芯のある再生音を得ています。

2. 合理的な振動系

振動系を極細のピアノ線で支えているワンポイントサスペンション方式ですので振動の中心を明確にできます。またカンチレバーは二重構造、アルマイト硬化処理等により軽量かつ堅牢になっておりますのでバランスの良い再生特性を得ています。

3. 黒系メタリックデザイン

黒系メタリック塗装に加え、金メッキヨーク、高級シェルスタンド付のパッケージとなっております。


仕様

  • 発電方式:ムービングコイル型
  • 出力電圧:0.25mV
  • 左右感度差:1dB以内(1kHz)
  • 左右分離度:25dB以上(1kHz)
  • 電気インピーダンス:13Ω
  • コンプライアンス:5×10-6cm/dyne
  • 針先:16.5ミクロン丸針
  • 針圧:2.5g±0.3g
  • 再生周波数範囲:20Hz〜45000Hz
  • 自重:8.5g

    ※ 針交換:本体交換 12,600円

<<前のページに戻る
ページの先頭に戻る | 表紙に戻る