DVD-A11

[ 生産終了 ]


主な特長 - DVD-A11

■ それぞれのディスクに最適の条件を追求したユニバーサルプレーヤー

DENONはこれまでにDVD-A1やDCD-SA10をはじめとしてマルチディスクプレーヤーを開発してきましたが、「各々のクォリティーを損なわない融合」という開発方針に高評価をいただいております。今回、高級ユニバーサルプレーヤーDVD-A11の開発においてもこの方針を押し進め、DVD AUDIO/VIDEOをはじめ、スーパーオーディオCD、CD、ビデオCD、MP3、JPEGなど再生可能なデジタルフォーマットについて最適の条件で再生できるよう回路構成、ディスクリート思想を徹底しております。

■ DENONがこだわる徹底分離構造

ビデオ回路、オーディオ回路の分離はもちろんのこと各回路間の干渉による信号劣化を徹底排除するために、各回路、基板を分離、独立配置するとともに、供給する電源部もセパレート化しています。特にアナログ回路への電源供給は専用トランスから行う贅沢な回路構成としています。また、大型シャーシ採用による平面配置により匡体内も分離配置とし、空間的にも干渉を軽減する配慮をしています。

■ 徹底防振構造

トップカバーには2層の防振構造、ボトムカバーには3層もの防振構造を採用。シャーシ自体にも補強フレームを配し、匡体の強度を高め動作の安定化を図っています。さらにトランスにはトランスケース、アルミダイキャスト製のトランスベースを組み合わせることにより、トランス自身の振動はもちろん外部からの振動を吸収します。また、CDプレーヤーで好評のS.V.H(SUPPRESS VIBRATION HYBRID)ローダーを採用、正確なディスクの読み取りを実現します。

【ビデオ部】

■ 高いコンバージョン性能を誇るファロージャ製プログレッシブコンバーター搭載

ビデオモードおよびフィルムモードでも高いコンバージョン性能を誇るファロージャ製プログレッシブコンバーターを搭載しています。ビデオ素材、フィルム素材混在のソースでも高い検出能力、処理能力を誇り、さらにDCDi技術によりビデオ素材をI/P(インターレース/プログレッシッブ)変換したときに見られるジャギー(ギザギザ感)を補正しスムーズな画像を実現します。

■ 最速・高精度216MHz/12bit ビデオDACを搭載

I/Pコンバーターからの高品位ビデオ信号を最大限活かすため業界最速・高精度の216MHz/12bitのビデオDACを使用し、プログレッシブで8倍、インターレースで16倍のオーバーサンプリングを実現。さらにコンポジット、S映像用とコンポーネント用に別々のDACを搭載。微少レベルの映像信号の再現性を高め、原画像に忠実な高精細映像を再現します。

■ スーパーサブエイリアスフィルターを搭載

D/A 変換後のビデオ信号で不要帯域信号成分を遮断するためにスーパーサブエイリアスフィルターを搭載しています。スーパーサブエイリアスフィルターは、必要帯域内は映像信号に悪影響を与えないようフラットな特性にし、不要帯域では十分な遮断特性を持ち、折り返しノイズを除去する事ができます。これにより、解像度の高い映像を再現しています。

■ ノイズリダクション技術

高精細画像を実現するため新たにノイズリダクション技術を投入しています。映像に混入しているランダムなノイズ低減効果のある三次元ノイズリダクション、画像圧縮時に発生するノイズを除去するブロックノイズリダクション、輝度変化の激しい境界周辺に現れる細かいノイズを低減するモスキートノイズリダクション、さらにクロスカラー除去の回路を搭載しています。

■ きめ細かな画質調節に対応

コントラストやシャープネスをはじめ白黒、クロマの各レベル、ノイズリダクション設定やガンマなど15項目にわたる画質調整が可能で、設定の組合せを5種類メモリーすることができます。

■ DVI(Digital Visual Interface)出力端子装備

DVDディスクから取り出したRGB信号をデジタルで出力できるDVI-D端子を装備。コピー保護技術HDCP※にも対応し、将来的に高精細ディスプレイにデジタルのままでの高品位伝送を想定しています。
※注 DVD-A11のDVI出力は、HDCPに対応しています。したがって、HDCP非対応のディスプレイ機器に接続した場合、映像を見ることができません。DVI出力で映像を見るためにはHDCPに対応したディスプレィ機器に接続する必要があります。
※  2003年7月31日現在DVD Copy Control Associationの規格上DVIにDVDの画像を出力することが認められておりません。したがって発売時点ではDVI端子は機能しませんが、承認がおり次第アップグレードで対応する予定です。

【オーディオ部】

■ DENON LINKによる高品位オーディオ伝送

DENON LINKによるデジタルオーディオ出力を装備しています。RJ45コネクタを採用したジッターレスの高品位デジタルオーディオ伝送が可能です。

■ 全チャンネルにAL24 Processing Plus 搭載

DENON独自のアナログ波形再現技術AL24 Processing Plusをマルチチャンネル全チャンネルに搭載、すべてのチャンネルで24bit相当の解像度を実現しています。CDやDVD-AUDIOのマルチチャンネルで16bit、20bit収録のソースでも24bitクォリティーで再生が可能です。

■ 全チャンネルに上級機譲りの高精度D/A コンバーターを搭載。

DVD-A11-Nは、上級機種DCD-SA10-Nの開発技術を投入した高精度D/Aコンバーターを全チャンネルに搭載。S/N比、ダイナミックレンジ、ひずみ等のオーディオ諸性能を向上し、DVD AUDIOやスーパーオーディオCDなどの高音質を実現しています。

■ PCM系とDSD系の再生回路を独立。(2chオーディオ再生時)

2チャンネルオーディオ再生時にはPCM再生(DVD-AUDIO/VIDEO、CD)系とDSD再生(スーパーオーディオCD)系のD/A変換回路をそれぞれ専用に割当てる回路構成を採用。ピュア・オーディオ再生においてそれぞれにふさわしい変換回路を設けることでよりピュアな再生を心がけています。

■ ビデオ回路からの干渉を抑えるピュアダイレクトモードを搭載

映像信号出力・デジタル信号出力・ディスプレイの表示のON、OFFを選択することができ、映像系の回路がアナログ出力におよぼす影響を最小に抑えることができます。

■ ホームシアター環境を考慮したバスマネージメント機能

本来スーパーオーディオCDはフル帯域再生が理想ですが、本機はホームシアターでの使用を考慮してバスマネージメントを強化しました。バスコントロール設定、スピーカーコンフィギュレーション設定に加え、スーパーオーディオCDでは初めてディレイタイム設定を可能にし、より幅広いスピーカー配置に対応できるようにしています。

【その他】

■ 豊富な出力端子

映像系出力はDVI出力をはじめコンポーネント端子2系統、D端子、コンポジット(2)、S端子(2)を装備しています。特にコンポーネント出力は通常のRCA端子、BNC端子、D端子の3通りの接続が可能でプロジェクターやディスプレイ等幅広い接続に対応しています。音声系出力はDENON LINK、IEEE1394端子(2)、デジタルアウト(同軸1、光1)、アナログ5.1ch(RCA)端子などを装備しています。

■ 多様なディスクへの再生対応

DVD-R/RW、CD-R/RWの再生も可能です。PCフォーマットにも対応しているためCD-R/RWに書込んだMP3、WMA、JPEG再生にも対応しております。
※書込み状況の悪いディスクなど、一部再生できない場合があります。

主な仕様 - DVD-A11

【ビデオ特性】

● コンポジット出力/出力レベル:1Vp‐p (75Ω負荷)
● S映像出力/Y出力レベル:1Vp‐p (75 Ω負荷)、C出力レベル:0.286Vp‐p (75Ω負荷)
● コンポーネント出力/Y出力レベル:1Vp‐p(75Ω負荷)、Cb、Cr出力レベル:0.7Vp‐p(75Ω負荷)
● D端子/Y出力レベル:1Vp‐p(75Ω負荷)、Cb、Cr出力レベル:0.7Vp‐p(75Ω負荷)
● 映像特性/SN比: 65dB以上

【オーディオ特性】

● 音声出力/2Vrms (1kHz/0dB、10kΩ負荷)、(フロント/センター/サラウンド/サブウーハー)
● 周波数特性/DVD:2Hz~88kHz(192kHz Sampling)、2Hz~44kHz(96kHzSampling )、2Hz ~22kHz(48kHz Sampling )、スーパーオーディオCD:2Hz~100kHz、CD、Video-CD:2Hz ~20kHz
● SN比/DVD/CD:120dB
● 全高調波歪率/0.0008%
● ダイナミックレンジ/110dB

[主な機能]

● ビデオD/A コンバーター/216MHz/12bit
● オーディオD/A コンバーター/24bit/192kHz & 1bit/2.822MHz
● デコーダー/ドルビーデジタル、DTS 、MLP、MP3、JPEG
● 対応ディスク/DVD、DVD‐R/RW(Video)、CD 、CD‐R/RW
● 対応フォーマット/DVD‐AUDIO/VIDEO、スーパーオーディオCD、CD、Video‐CD、MP3、JPEG(コダックピクチャーCD、フジカラーCDを含む)
● マルチ機能/マルチ音声機能、マルチ字幕機能、マルチアングル機能、視聴制限機能、マーカー機能、コンプレッション機能
● 再生機能/リピート再生、A‐B間リピート再生、ランダム再生、プログラム再生、スロー再生、コマ送り・コマ戻し再生、続き再生メモリー機能
● 映像出力端子/DVI出力端子、コンポーネント出力(BNC1系統、RCA1系統、D端子1系統(D2対応))、S映像出力2系統、コンポジット出力2系統、
● デジタルオーディオ出力端子/DENON LINK端子1系統、IEEE1394端子2系統、光1系統、同軸1系統
● アナログオーディオ出力/フロント2系統、センター/サラウンド/サブウーハー各1系統
● その他/RS-232C 端子

【その他】

● 電源/100V 50/60Hz
● 消費電力/45W(待機時約1W)
● 最大外形寸法/434×139×434mm
● 質量/13.3kg

ダウンロード - DVD-A11

※ファイルのダウンロードができない場合は、Internet Explorerでページを開いてお試しください。
Internet Explorerはスタートメニュー(Windowsのマーク)のプログラム一覧、Windowsアクセサリから起動できます。

pdf file
DVD-A11 取扱説明書

2.47 MB
10/31/2010

pdf file
DVD-A11 DENON LINK 3rd EDITION 設定方法

0.07 MB
10/31/2010