[ 新製品 ] AVR-X550BT / AVR-X1500H / AVR-X2500H デザインを一新したデノンAVサラウンドレシーバー2018年モデル。5.2chエントリーモデルAVR-X550BTをラインアップに追加

May 10, 2018

デノンは、デザインを一新したAVサラウンドレシーバー2018年モデルを発売いたします。新たにラインアップに加わった5.2chモデルの「AVR-X550BT」を5月中旬、7.2chモデルの「AVR-X1500H」、「AVR-X2500H」を6月中旬に発売いたします。
すべてのモデルがフラッグシップAVサラウンドレシーバー「AVC-X8500H」に採用されたミニマルデザインを継承。無駄を削ぎ落とした造形の中に、デノンの製品づくりにおける主要なテーマである躍動感あふれる力強さと研ぎ澄まされた精緻さを表現しています。


AVR-X550BTは、5chのパワーアンプ、2系統のサブウーハー出力を搭載。HDMI入力はクラス最多5系統を装備。内3系統が、4K UHDのパススルーおよびHDR 10、Dolby Vision、Hybrid Log-gammaなど最新のハイ・ダイナミックレンジ規格に対応しています。パワーアンプの回路構成はAVR-X1500Hと同様に全チャンネル同一のディスクリート構成を採用。増幅素子についてもAVR-X1500Hと同じハイカレント・トランジスタを採用し、クラスを超えたサウンドクオリティを実現しています。Bluetooth®やFM/AMラジオチューナーも搭載。付属のリモコンに加え、iOSデバイスやAndroidに対応したリモコンアプリ「Denon 500 Series Remote」で操作することもできます。初期設定を画像とテキストでガイドするセットアップアシスタントとスピーカーの設定を自動で行うオートセットアップ機能も搭載しているため、AVアンプを初めて購入される方でも安心してお使いいただけます。


AVR-X1500H、AVR-X2500Hは、3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。立体音響再生のクオリティを最大限に引き出すために、パワーアンプに全チャンネル同一のディスクリート構成を採用し、チャンネルごとの音質差を排除しています。両モデルとも7chアンプを搭載しており、最大出力はAVR-X1500Hが175W、AVR-X2500Hが185W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)となります。トップスピーカーやハイトスピーカー、またはドルビーイネーブルドスピーカーを用いる5.1.2ch構成およびサラウンドバックスピーカーを用いる標準的な7.1ch構成に対応しています。また、ハイトスピーカーやリアスピーカーを設置していないステレオ、5.1ch、7.1chなどの環境においても高さ方向も含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験を可能にする「DTS Virtual:X」にも対応しています。
HDMI端子はクラス最多の6入力/1出力(AVR-X1500H)、8入力/2出力(AVR-X1500H)を装備。全端子が4K UHD、「HDR 10」、「Dolby Vision」、「Hybrid Log-gamma」のパススルーに対応しているため、Ultra HDブルーレイやストリーミング配信、テレビ放送など幅広いソースでHDR映像を楽しむことができます。


AVR-X1500H、AVR-X2500Hは、Hi-FiコンポーネントおよびハイエンドAVアンプを開発する中でデノンが培ってきたディスクリート・パワーアンプやダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションなどの技術、ノウハウを受け継ぐとともに、最新世代の32bit プレミアムD/Aコンバーターの採用、サプライヤーと共同開発したカスタムデバイスを用いたプリアンプ回路とボリューム回路のレイアウトの最適化により、サウンドクオリティをさらに向上。さらにAVR-X2500Hについては、容量を20%アップした12,000μFのカスタムコンデンサーおよび上位モデルのみに採用されていた高密度フットを新たに採用し、音場のスケール感や安定感にさらに磨きをかけました。
アナログレコードのリバイバルに伴い、ホームシアターでもレコードを楽しみたいというニーズに応えて、AVR-X1500HおよびAVR-X2500HにはMMカートリッジ対応のPhono入力を新たに装備しました。
ネットワークオーディオ機能は、HEOSテクノロジーによりAmazon MusicやAWA、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応※。セットアップと操作をより快適にするHEOSアプリにも対応しています。また「HEOS 1」、「HEOS 3」、「HEOS HomeCinema」などのHEOSデバイスをシステムに追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築することができます。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCMに対応しています。さらに、インターネットラジオ、AirPlay、Bluetooth®など様々な音楽コンテンツを楽しむための機能も充実しています。


スマートフォン、タブレットでAVレシーバーの操作と設定ができる「Denon 2016 AVR Remote」にも対応。Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n をサポート。2.4/5GHzのデュアルバンドとMIMOに対応しており高速かつ安定した通信が可能です。FM/AMチューナーは、FM補完放送「ワイドFM」にも対応。また、誰でも簡単に初期設定ができるようにガイドする「セットアップアシスタント」や日本語GUIもアップデートし、使いやすさに磨きをかけています。

※AVRX1500H / AVR-X2500HAmazon Music Unlimited、Amazon Prime Music、AWA、Spotifyをお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です。

品名 品番 カラー 希望小売価格 発売時期
5.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X550BT K (ブラック) 35,000円(税抜価格) 5月中旬
7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X1500H K (ブラック) 59,500円(税抜価格) 6月中旬
7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X2500H

K (ブラック) 90,000円(税抜価格) 6月中旬


比較表

 

AVR-X550BT

AVR-X1500H

AVR-X2500H

Dolby Atmos / DTS:X

― / ―

○ / ○

○ / ○

DTS Virtual:X

搭載パワーアンプ数

5

7

7

定格出力
(8Ω、20Hz ~ 20kHz、THD 0.08%、2ch駆動)

70W

80W

95W

最大出力
(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)

140W

175W

185W

サブウーハープリアウト

2

2

2

セットアップアシスタント

オートセットアップ

○(Audyssey MultEQ XT)

○(Audyssey MultEQ XT)

HDMI入力 / 出力

5 / 1

6 / 1

8 / 2

4K UHDパススルー(HDCP 2.2)

○(※AVR-X550BTは3系統のみ対応)

ハイ・ダイナミックレンジ

HDR 10 / Dolby Vision / HLG(※AVR-X550BTは3系統のみ対応)

USB/ネットワーク機能(HEOS)

Bluetooth

○(AAC / SBC)

○(SBC)

○(SBC)

Phono入力(MMカートリッジ対応)

光デジタル入力

2

2

2

リモコンアプリ


(Denon 500 Series Remote)


(Denon 2016 AVR Remote / HEOSアプリ)