[ 新製品 ] PMA-800NE / DCD-800NE / DNP-800NE 新時代のHi-FiコンポーネントNE (NEW ERA)シリーズにエントリーグレードが登場!

Jul 09, 2018

デノンは、「800NEシリーズ」のプリメインアンプ「PMA-800NE」、CDプレーヤー「DCD-800NE」を2018年8月中旬に、ネットワークオーディオプレーヤー「DNP-800NE」を9月中旬に発売いたします。

「NE」シリーズは、長年にわたりベストセラーの座を守り続けてきた従来のシリーズからさらにパフォーマンスを大きく飛躍させると同時にプリメインアンプにデジタル入力を搭載し、ソースコンポーネントの変化に対応する新時代(New Era)のHi-Fiコンポーネントとして誕生しました。2016年発売の「2500NEシリーズ」、「1600NEシリーズ」に続き、エントリーグレードにも「800NEシリーズ」がいよいよ登場します。コンセプトや設計思想のみならず、上位モデルのために開発された高音質パーツや回路構成をふんだんに盛り込みエントリーグレードの枠を超えたパフォーマンスを獲得。生命感に溢れた、色鮮やかなサウンドを実現しました。

PMA-800NEは、最大192kHz / 24bit PCMに対応する光デジタル入力を3系統、同軸デジタル入力を1系統装備。増幅回路にはPMA-2500NEと同様に、シンプル&ストレート思想を体現する1段構成のハイゲインアンプ構成を採用。そしてデノンがこだわり続ける1ペアの増幅素子によるシングルプッシュプル回路を用いています。MM/MC対応のフォノイコライザーも搭載し、最新のデジタルソースからアナログプレーヤーまで、多様なソース機器との接続に対応しながら、アナログアンプとしての基本性能に磨きをかけました。

DCD-800NEには、DCD-2500NE同様にデノンが誇るアナログ波形再現技術の最上位バージョン「Advanced AL32 Processing Plus」を投入。独自のアルゴリズムによる32bitへのビット拡張と最大16倍のアップサンプリングによりデジタル音声信号を本来のアナログ波形に限りなく近づけます。D/Aコンバーターについても上位モデルと同じ高性能チップ「PCM1795」を搭載。また、DSD 5.6MHzやPCM 192kHz / 24bitまでの ハイレゾ音源の再生に対応したUSB-A入力端子をフロントパネルに装備。手軽にハイレゾの高音質を体験できます。

DNP-800NEは、最新のネットワークオーディオおよびマルチルームオーディオのプラットフォームである「HEOS」を搭載。DSD 5.6MHzやPCM 192kHz / 24bitまでのハイレゾ音源のネットワーク再生はもちろんAmazon MusicやSpotify、AWAなどの音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオにも対応しています。さらに、AirPlayやBluetooth®もサポートしているため、スマートフォンやタブレットから音楽を再生することもできます。DCD-800NEと同様に「Advanced AL32 Processing Plus」および高性能DACを搭載しており、高品位なハイレゾ音源からストリーミング、スマホまで多彩なデジタル音源を存分に楽しむことができます。


品名

品番

カラー

希望小売価格

発売時期

プリメインアンプ

PMA-800NE

SP(プレミアムシルバー)

70,000円(税抜価格)

8月中旬

CDプレーヤー

DCD-800NE

SP(プレミアムシルバー)

60,000円(税抜価格)

8月中旬

ネットワークオーディオ
プレーヤー

DNP-800NE

SP(プレミアムシルバー)

60,000円(税抜価格)

9月中旬

PMA-800NEの詳細は こちら


DCD-800NEの詳細は こちら


DNP-800NEの詳細は こちら