[ 新製品 ] AVR-X1600H / AVR-X2600H Dolby Atmos Height Virtualizer、eARC、Bluetooth®送信機能に対応する AVサラウンドレシーバー2019年モデル
(※ファームウェア・アップデートによる対応を予定)

May 17, 2019

デノンは、7.2ch AVサラウンドレシーバーの2019年モデル「AVR-X1600H」、「AVR-X2600H」を2019年6月中旬に発売いたします。AVR-X1600H、AVR-X2600Hは、新たにDolby Atmos Height Virtualizer、eARC、Bluetoothヘッドホンへの送信機能に対応するとともに、全ての回路基板を再設計。DACの専用基板への配置、信号ラインやグラウンドのパターン最適化、そしてパーツ品種および定数の見直しを全面的に実施することにより定評の音質をさらに向上させました。
ファームウェア・アップデートによる対応を予定。実施時期につきましては別途お知らせいたします。

AVR-X1600H、AVR-X2600Hは、3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。立体音響再生のクオリティを最大限に引き出すために、パワーアンプに全チャンネル同一のディスクリート構成を採用。出力端子に至るまで同一クオリティにこだわり、チャンネルごとの音質差を排除しています。両モデルとも7chアンプを搭載しており、最大出力はAVR-X1600Hが175W、AVR-X2600Hが185W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)を誇ります。トップスピーカーやハイトスピーカー、またはドルビーイネーブルドスピーカーを用いる5.1.2ch構成およびサラウンドバックスピーカーを用いる標準的な7.1ch構成に対応しています。また、ハイトスピーカーやリアスピーカーを設置していないステレオ、5.1ch、7.1chなどの環境においても高さ方向も含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験を可能にする「DTS Virtual:X」にも対応。そして新たに「Dolby Atmos Height Virtualizer」にもファームウェア・アップデートにより対応します。

AVR-X1600H、AVR-X2600Hは、Hi-FiコンポーネントおよびハイエンドAVアンプを開発する中でデノンが培ってきたディスクリート・パワーアンプやダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションなどの技術、ノウハウを受け継ぐとともに、最新世代の32bit プレミアムD/Aコンバーターの採用、サプライヤーと共同開発したカスタムデバイスを用いたプリアンプ回路とボリューム回路のレイアウトの最適化により、サウンドクオリティを向上させています。さらにAVR-X2600Hについては、大容量12,000μFのカスタムコンデンサーおよび上位モデルのみに用いられる高密度フットを投入し、音場のスケール感や安定感に磨きをかけています。

HDMI端子はクラス最多の6入力/1出力(AVR-X1600H)、8入力/2出力(AVR-X2600H)を装備。全端子が4K UHD、HDCP 2.3、HDR 10、Dolby Vision、Hybrid Log-gammaのパススルーに対応しているため、Ultra HDブルーレイやストリーミング配信、テレビ放送など幅広いソースの4K / HDR映像を最良のクオリティで楽しむことができます。さらに、HDMI 2.1の新機能「eARC(Enhanced ARC)」と「ALLM(Auto Low Latency Mode)」に対応。eARCでは、これまでサポートされていなかったテレビからAVアンプへの5.1chや7.1chのリニアPCM信号やDolby TrueHD / DTS-HD Master Audioなどのロスレスオーディオ、Dolby Atmos / DTS:Xなどのオブジェクトオーディオの伝送が可能になります。また、ALLMに対応したプレーヤー(ゲーム機)およびテレビと接続すると、ゲームプレイ時にAVアンプとテレビが自動的に低遅延モードに切り替わり、映像の遅延を低減します。

アナログレコードのリバイバルに伴い、ホームシアターでもレコードを楽しみたいというニーズに応えて、AVR-X1600HおよびAVR-X2600HにはMMカートリッジ対応のPhono入力を装備しています。

ネットワークオーディオ機能は、HEOSテクノロジーによりAmazon Prime Music / Amazon Music UnlimitedやAWA、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応(AVR-X1600H / AVR-X2600HでAmazon Music Music、AWA、Spotifyをお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です)。セットアップと操作をより快適にするHEOSアプリにも対応しています。またAmazon Alexa搭載デバイスからの音声コントロールにも対応しており、Alexaに話しかけるだけで再生、停止、スキップや音量の調整などの基本的な操作に加えて、Amazon Musicの楽曲から楽曲名やアーティスト名、年代、ジャンルなどを指定して再生することができます。また、TuneInのデータベースに登録されている世界中のインターネットラジオから好きな放送局を音声で呼び出すこともできます。「HEOS 1」、「HEOS 3」、「HEOS HomeCinema」などのHEOSデバイスをシステムに追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築することができます。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCMに対応。さらに、インターネットラジオ、AirPlay 2、Bluetooth®など様々な音楽コンテンツを楽しむための機能が充実。FM/AMチューナーは、FM補完放送「ワイドFM」にも対応しています。

スマートフォン、タブレットでAVレシーバーの操作と設定ができる「Denon 2016 AVR Remote」にも対応。Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n をサポート。2.4/5GHzのデュアルバンドとMIMOに対応しており高速かつ安定した通信が可能です。また、誰でも簡単に初期設定ができるようにガイドする「セットアップアシスタント」や日本語GUIもアップデートし、使いやすさに磨きをかけています。

品名

品番

カラー

希望小売価格

発売時期

7.2ch AVサラウンドレシーバー

AVR-X1600H

K (ブラック)

59,500円(税抜価格)

6月中旬

7.2ch AVサラウンドレシーバー

AVR-X2600H

K (ブラック)

90,000円(税抜価格)

6月中旬

7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X1600Hの詳細は こちら

7.2ch AVサラウンドレシーバー AVR-X2600Hの詳細は こちら

【比較表】

AVR-X1600H

AVR-X2600H

Dolby Atmos / DTS:X ○ / ○ ○ / ○
Dolby Atmos Height Virtualizer ○(アップデート対応予定) ○(アップデート対応予定)
DTS Virtual:X
搭載パワーアンプ数 7 7
定格出力
(8Ω、20Hz ~ 20kHz、THD 0.08%、2ch駆動)
80W 95W
最大出力
(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)
175W 185W
サブウーハープリアウト 2 2
セットアップアシスタント
自動音場補正 ○(Audyssey MultEQ XT) ○(Audyssey MultEQ XT)
HDMI入力 / 出力 6 / 1 8 / 2
4K UHDパススルー(HDCP 2.3)
eARC / ALLM ○ / ○ ○ / ○
ハイ・ダイナミックレンジ HDR 10 / Dolby Vision / HLG
USB/ネットワーク機能(HEOS)
音声コントロール ○(Alexa / Siri) ○(Alexa / Siri)
Bluetooth受信 ○(SBC) ○(SBC)
Bluetooth送信 ○(アップデート対応予定) ○(アップデート対応予定)
Phono入力(MMカートリッジ対応)
光デジタル入力 2 2
リモコンアプリ ○(Denon 2016 AVR Remote / HEOSアプリ)