AVR-4520

  • 9.2ch AVサラウンドレシーバー
  • K:ブラック

[ 生産終了 ]

希望小売価格:

主な特長 - AVR-4520

AVレシーバーに新たなステージを切り拓く、デノン・オーディオアンプの設計思想を投入

ハイグレードAVレシーバーの新たなスタンダードとなるサウンドクオリティを実現すべく、デノンのオーディオアンプの技術を結集。Hi-Fiアンプのノウハウを踏襲し、電源トランスをセンターにマウントしたレイアウトを採用。重心バランスの最適化による防振の徹底や各回路の干渉を防ぐ設計を実現しました。パワーアンプ部には、POA-A1HDの設計思想を継承した、9chディスクリート・モノラル・コンストラクションを搭載。パワートランジスターには「Denon High Current Transistor(DHCT)」、その他、大容量ブロックコンデンサー、大電流タイプのショットキーバリアダイオードなど、厳選したオーディオグレードの高音質パーツをふんだんに採用。コンテンツに込められた製作の想いを、より具現化することが可能となりました。

 

9chディスクリート・モノラル・パワーアンプ

上級機AVC-A1HDやPOA-A1HDの設計思想を継承。1ch毎に構成するパーツを独立した基盤に搭載したディスクリート・モノラル構成によるパワーアンプを9ch分搭載。加えて、各チャンネルのレイアウトを最適化することで、チャンネル間の干渉を排除し、純度の高いリアルな音場再生を実現しています。

デノン特注パワートランジスター「DHCT」を採用

ダイナミック·レンジの大きな信号では、半導体の内部温度が急激に上昇することが、各トランジスターのバイアス電流の変動につながり、不安定な信号再生の原因となります。AVR-4520では、Hi-Fiアンプの設計思想を踏襲した、大電流タイプのトランジスター「Denon High Current Transistor(DHCT)」を採用することで、放熱性の向上をはかり急激な温度の上昇を抑え、また高温での安定した動作も可能としました。

大容量電源供給回路

整流ダイオードには、大電流に対応したショットキーダイオードを並列で使用。低インピーダンスで、かつ高速スイッチングを実現しています。また、ブロック·コンデンサーには、オーディオ用にチューニングされたデノンカスタム品を採用。大径(φ50mm)大容量のブロックコンデンサーを使用することで、高出力時も安定した動作と振動による音質への影響を防いでいます。

ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション

不要な振動が画質・音質に与える影響を徹底して抑えています。左右のヒートシンクをフットの上に配置し、大型パワートランスはベースプレートを介して高剛性のシャーシにしっかりと固定。これにより内部、外部の振動(鳴き)を吸収し画質の向上と、音の透明感、定位の向上を図っています。

進化したデノンが誇るAVサラウンド技術「D.D.S.C.- HD32」

デノン AVサラウンドアンプの設計思想である“コンテンツ製作者の意図をありのままに再現すること”を具現化するために開発されたD.D.S.C.(Dynamic Discrete Surround Circuit)は、32ビットプロセッシングを行う「D.D.S.C.- HD32」に進化。

サラウンド再生のために必要な信号処理回路を一つ一つのブロックに独立させ、高性能な専用回路を用いてディスクリート化しています。サラウンド回路の中核となるDSPには、400MIPSの高性能を誇る、最新32bitフローティングポイントDSPを3個搭載。また、デノン独自のアナログ波形再現技術は、全チャンネルに新開発「AL32 Multi Channel」を採用。D/Aコンバーターには全チャンネルディファレンシャル駆動対応の192kHz/32ビットタイプを採用しています。

新開発「AL32 Processing Multi Channel」 ─ 理想的なアナログ波形再現技術

CDの16ビット音声を20ビット精度で再現するアルファ・プロセッサーは2chピュアオーディオのビット拡張技術として開発されました。 AVR-4520には、32ビット精度に拡張、さらにマルチチャンネル音声にも対応した「AL32 Processing Multi Channel」を搭載しています。

デジタル化された音声信号を、元のアナログ波形に近付け、ホールに吸込まれるような残響音などの微小な音の再生能力を高めます。また、従来のPCM信号に加えて、新たにDolbyやDTSなどのビットストリーミング信号の拡張にも対応。常に32ビットクオリティの高精細なサウンドをお楽しみいただけます。

最新32ビットフローティングポイントDSPを3基搭載

400MIPSという高い処理能力を備えたアナログデバイセス社製32ビットフローティングポイントDSPを3基搭載。 デコーダー回路、AL32プロセッシング回路、音場補正回路などを独立したDSPで処理することで、高速・高精度な処理を可能としています。

全チャンネル192kHz/32ビット D/Aコンバーター採用

AL32プロセッシング回路にて32ビット化された信号を処理するD/Aコンバーターには、192kHz/32ビットタイプを新たに採用。全11.2チャンネルにて、ディファレンシャル駆動とすることで、ノイズの少ないアナログ変換を実現しています。

デノンオリジナル ジッターレスオーディオ回路

新開発 Denon Link HD

Denonの最新Blu-rayディスクプレーヤー「DBT-3313UD」との組み合わせによる「Denon Link HD」に対応。AVR-4520のデジタルオーディオ回路を動作させるリファレンスクロックをDBT-3313UDへ供給。 互いに同一のクロックを共有しながら動作させることで、ジッターの極めて少ないHDMIデジタル音声の伝送を実現します。音の定位がより明確になり、クリアで立体的な音像を再現します。

※"Denon Link HD"には、DENON LINK 4thとの互換性はありません。

ハイブリッドPLLクロック・ジッター・リデューサー

専用プレーヤー以外との接続では「ハイブリッドPLLクロック・ジッター・リデューサー」でジッターを低減。HDMI接続だけでなく、光・同軸でのデジタル接続や、A/D変換されるアナログ接続でもジッターの低減をおこないます。

最大11.2ch再生を実現する、最新サラウンド機能を搭載

新たにフロントハイト/ワイドチャンネルによりサラウンド空間を拡張するDTS Neo:X機能を搭載しました。従来からのAudyssey DSXや、フロントハイトにチャンネルの拡張が可能なDolby Pro Logic Ⅱz機能も搭載し、お好みに合った再生音場を選択可能です。フロントハイト、ワイド専用スピーカー端子を装備し、11.2チャンネルのスピーカーに同時に接続、9チャンネルの内蔵パワーアンプ・アサイン機能でスピーカーを自動で切り替えいたします。また、外部のパワーアンプを接続することで、最大11.2チャンネルのサラウンド再生も可能です。さらに、内蔵アンプの、より自由な再生チャンネルの割り当てが可能な「カスタム・アンプ・アサインモード」も新たに搭載しています。

その他、サウンド全体のクオリティを左右する台詞成分を聞き取りやすく調整可能な「ダイアローグエンハンサー」機能を搭載。 弱/中/強の3段階から調整可能です。また、ソフト収録時のLFEチャンネルの遅延による位相ずれを解消する「低音の位相補正」機能も新開発。0〜16msecの範囲で微調整が可能です。

 

最適な試聴環境を提供する、最新Audyssey機能を搭載

様々な試聴環境でも、最適なシアターサウンドを実現したい。そんなユーザーの要望に応える、Audyssey社の最新の各種プロセッシング機能を採用しています。

Audyssey MultEQ XT32

付属のマイクを使って簡単に部屋の環境に最適な音響設定が可能 (最大8箇所測定可能)。

Audyssey Sub EQ HT

2台のサブウーハーの接続時に、それぞれのサブウーハーの音場を独立して補正、またサブウーハー同士の干渉も自動で制御可能。

Audyssey Dynamic Volume

小さな音は明瞭に、急に出る大きな音は小さく抑えるので、深夜の視聴も快適。

Audyssey Dynamic EQ

小さな音量でも臨場感を損なわない、自然なサラウンドサウンドを実現。

Audyssey LFC

隣の部屋などへの低音の音漏れを抑制する、新機能を新たに採用。

Audyssey MultEQ Pro 対応

劇場にも採用されている、視聴環境への詳細なチューニングを実現するAudyssey社のインストーラープログラムに対応したAudyssey MultEQ Proを搭載しています。

最新の機能に対応した映像回路

3D Blu-rayをはじめ、最新の高精細4Kディスプレイへの対応や、スマートフォンとの接続による映像/音声の再生など、先進の映像伝送技術に対応。様々な映像機器との接続において、手軽に、高画質・高音質な再生を実現しています。

4Kディスプレイにフル対応 ─ アップスケーリング & パススルー

アナログビデオおよびHDMIのSD、HD映像信号を4K(3840×2160ピクセル)解像度までアップスケーリングすることができます。また、4K映像入力信号のパススルーも可能、4K映像にGUIをオーバーレイ表示することもできます。さらに、4Kアップスケーリングに対応した新世代IPスケーラーは、HD映像へのスケーリングでも効果を発揮、なめらかで奥行きのある高精細な映像を映し出します。

 
 

デュアル+マルチゾーン、3系統の HDMI出力 ─ 同時出力対応

同時出力可能なメインゾーン用の2系統出力に、マルチゾーン出力を加えた3系統のHDMI出力を装備。メインゾーンの2系統は4Kアップスケーリング&パススルー、ARC、CECに対応しています。マルチゾーン出力も4Kパススルーに対応。マルチゾーンでは、メインゾーンで再生中のソースとは別のソースも楽しむことができます。

InstaPrevue機能搭載

プレビュー画像を見ながらHDMI入力ソースの選択が可能な、InstaPrevue機能を搭載。複数のHDMI機器から入力された映像信号を同時に確認しながらの選択が可能です。リモコンの中央には、直接操作が可能な専用キーを搭載しました。また、視聴中のHDMI映像の中に、もう1つのHDMI映像を表示する「ピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)」表示も可能です。

 

さらに簡単にスマートフォンと接続性可能な、MHL対応

MHL(Mobile High-Definition Link)対応のAndroidスマートフォンなどモバイルデバイスとの接続に対応いたしました。モバイルデバイスのマイクロUSB端子と、AVR-4520のフロントHDMI端子をMHLケーブルで接続することで、モバイルデバイスのHDコンテンツをTVの大画面で楽しむことが可能です。 モバイルデバイスの操作は、モバイルデバイス本体だけでなく、AVR-4520や接続したテレビからも可能です。MHLインターフェースは電源供給が可能なため、モバイルデバイス用の電源ケーブルは不要です。

進化した映像モード

従来のモードに加えて、新たにストリーミングモードを搭載。インターネット配信などの、解像度の低い映像に最適化したモードです。その他、スタンダード(ビデオソース)、ムービー(フィルムソース)、ビビッド(ゲーム、静止画像)、カスタムモードから選択可能です。

多彩で使いやすいネットワーク機能

AirPlay、DLNA1.5、インターネットラジオ

近年、オーディオファンからの注目を集めている高音質ハイレゾ音源。本機は192kHz/24bitのWAV・FLACファイルやApple Losslessファイル再生に対応した、ネットワークオーディオプレーヤー機能を搭載。録音スタジオのクオリティで音楽をお楽しみいただけます。曲間でも再生音楽が音切れしないギャップレス再生にも対応しました(WAV/FLACファイル)。また、Appleのワイヤレスストリーミング技術「AirPlay」機能も標準で搭載。iTunesやiPod touch/iPhone/iPad内の音楽ライブラリーの再生機器として、本機を選択するだけで音楽のワイヤレスストリーミングが楽しめます。さらに、世界中の18000局以上の中からラジオ番組を楽しめる「インターネットラジオ」機能も搭載。お気に入りのインターネットラジオ局をリモコンのダイレクト選局ボタンに4つまで登録できるので、手軽にお気に入りの番組をお楽しみいただけます。また、写真共有サイトflickrにもアクセス可能。その他、USBメモリーの音源を再生可能なUSB端子を本体前面&背面に装備。USB端子へのiPod/iPhoneデジタルダイレクト接続による音楽再生もお楽しみいただけます。

4ポートネットワークハブ(Ethernet Hub)搭載

テレビやBDプレーヤーなど、ネットワーク機能の搭載はAV機器の標準的な機能となっています。 AVR-4520は、周辺のネットワーク機器を3台まで接続可能なネットワークハブ機能を搭載。AVアンプ周りのネットワーク機器の接続をスマートに行えます。 また、音源を記録したパソコンやNAS(Network Attached Storage)をこのハブに接続することで、最短の信号伝送を実現。パソコンなどに記録された音源の再生時に、より高音質な再生を可能としています。

 
 

「Denon Remote App」 ─ iPhone/Androidスマートフォンでコントロール

iPod touch/iPhone、Androidスマートフォン用アプリケーションソフト「Denon Remote App」の最新バージョンに対応。多様なモバイルデバイスでAVレシーバーの操作が可能です。メイン操作画面のショートカットキーは、お好みの機能を最大8個までカスタマイズできます。また、パソコンやNAS内の音楽ファイル、インターネットラジオ局のブラウジングも高速化し、大幅な操作性の向上を実現しています。

その他の特長

  • 高音質サラウンドフォーマット Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audioに対応
  • Super Audio CDの信号をPCMに変換して再生が可能な「DSD→PCMコンバージョン機能」搭載
  • 圧縮音源を原音に近い状態に復元する「コンプレストオーディオリストアラー」
  • アルミパネル&トラップドア採用の新デザインフロントパネル
  • iPod・iPhoneやUSBメモリー内の音楽を手軽に楽しめるフロント&リアUSB入力
  • 3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応したHDMI端
  • 国内主要テレビメーカー6社に対応したHDMIコントロール機能
  • FMラジオチューナー
  • Windowsパソコンから操作が可能なWEBコントロール機能
  • 10分から120分まで設定可能なスリープタイマー
  • オートスタンバイ機能
  • 接続から初期設定までをテレビ画面でガイダンスする「セットアップアシスタント」機能
  • さらに使いやすくなったセットアップメニュー(GUI)が詳細な設定も快適にサポート
  • 使用頻度の高い状態を4つまでワンタッチで記憶、呼び出しが可能な「クイックセレクト」機能
  • 液晶表示部 & バックライト付き 学習リモコン
  • 目的の項目が簡単に検索できるCD-ROM取扱説明書

主な仕様 - AVR-4520

定格出力
フロント 150W+150W
センター 150W
サラウンド 150W+150W
サラウンドバック 150W+150W
フロントワイド/ハイト 150W+150W(負荷8Ω、20Hz-20kHz、THD 0.05%)
実用最大出力
フロント 220W+220W
センター 220W
サラウンド 220W+220W
サラウンドバック 220W+220W(負荷6Ω、1kHz、THD10%、JEITA)
ダイナミックパワー
170W ×2チャンネル(負荷8Ω)
280W ×2チャンネル(負荷4Ω)
周波数特性
10Hz〜100kHz(+1,-3dB、ダイレクトモード時)
HDMI端子
入力 ×7(フロント×1)
出力 ×3(モニター×2、Zone×1) (4K、3D、ARC、Deep Color、“x.v.Color”、Auto Lip Sync、HDMI CECコントロール対応)
映像入出力端子
コンポーネントビデオ入力 ×3
コンポーネントビデオ出力 ×2(モニター×1 、Zone×1)
アナログ映像入力 ×4(フロント×1)
アナログ映像出力 ×3(モニター×1、Rec×1、Zone×1)
音声入出力端子
アナログ音声入力 ×7(フロント×1)
アナログ音声出力 ×3(Rec×1、Zone×2)
光デジタル入力 ×2
同軸デジタル入力 ×2
Phono入力 ×1
11.2chプリアウト ×1
7.1ch EXT入力 ×1
ヘッドホン出力 ×1
その他の入出力端子
Denon Link HD ×1
Network(Ethernet) ×4 (HUB端子含む)
iPod/USB端子 ×2(前面1/背面1、切り替え式)
FMチューナーアンテナ ×1
セットアップマイク入力 ×1
DCトリガー出力(+12V、150mA) ×2
リモートコントロールIN/OUT ×1
RS-232C端子 ×1
FMラジオチューナー内蔵
(受信周波数帯域/ FM:76.0〜90.0MHz)
外形寸法
W434 × H194.5 × D422.7 mm(フット、端子、つまみ含む)
質量
16.5kg
消費電力
780W
待機電力 / 0.1W(通常スタンバイ)、0.5W(CECスタンバイ)、5.1W(ネットワークスタンバイ)
付属品
簡単セットアップガイド
CD-ROM(取扱説明書)
電源コード
リモコン(RC-1165)
単3乾電池 ×2
セットアップマイク
FM室内アンテナ

ダウンロード - AVR-4520

pdf file
AVR-4520 クイックセットアップガイド

2.33 MB
10/15/2012

pdf file
AVR-4520 取扱説明書

18.31 MB
10/10/2013