AVサラウンドレシーバー AVR-X2000
ファームウェアアップデート情報

※ 最新のアップデートを行うと、それ以前のアップデートも適用されます。
※ シリアルナンバーは保証書、カートンケース、及び製品背面に記載の10桁の数字です。
※ アップデート方法の詳細は取扱説明書の163ページをご覧ください。

■ 2018/01/11

【バージョン:8600-3876-1683】

(1) iOS11を搭載した端末からAirPlay再生できない不具合を修正しました。


■ 2015/11/13

【バージョン:8600-9776-1681】

(1)スタンバイ中にリモコンのパワーボタン以外のボタンを押した際にStandby LEDが点灯する不具合を改善しました。
本アップデートが必要な製品は、AVR-X2000の全数です。


■ 2015/11/13

【バージョン:8600-9776-1681】

(1)スタンバイ中にリモコンのパワーボタン以外のボタンを押した際にStandby LEDが点灯する不具合を改善しました。
本アップデートが必要な製品は、AVR-X2000の全数です。


■ 2014/03/11

(1) DTS-HD Master Audio/96k PBR(PeakBitRate) streamを再生した際の動作を改善しました。
(2) WMP11/12からのWMA(with DRM)(著作権保護あり)ファイル再生の仕様を変更しました。
(3) NAS(Twonky7)のWAVデータをAPPから再生した際の動作を改善しました。
(4) USBでFLACを再生した際の動作を改善しました。
(5) 特定のNASでの動作を改善しました。
本アップデートが必要な製品は、2014年3月以前に製造された製品のみです。


■ 2013/07/19

(1) 使用状況の送信設定のデフォルト値をOFFに変更しました。
(2) Apps立ち上げ時のAppsの表示を改善しました。
(3) AppsでAirPlay実施後、他のNetwork Serviceを再生した際のApps表示を改善しました。
(4) Zone2がONで、かつHDMI Pass ThroughをOffに設定しMENU表示中に二次電源をOFF→ONした際のGUIを修正しました。
(5) TVフォーマットがPALの時のアスペクト比を改善しました。
(6) 使用状況の送信設定が未設定の時、次回の電源ON時に設定のポップアップを表示するようにしました。
(7) セットアップアシスタントをHDMIケーブルを接続した際に起動させる仕様に変更しました。
(8) アップデート後にiOSアプリからデバイスを検索する動作を改善しました。
本アップデートが必要な製品は、2013年7月以前に製造された製品のみです。