PMA-SX1 LIMITED

新世代のフラッグシッププリメインアンプ

  • プリメインアンプ
  • SP:プレミアムシルバー

希望小売価格:

主な特長 - PMA-SX1 LIMITED

サウンドマネージャー“山内慎一”が4年の歳月をかけて作り上げた新世代のフラッグシッププリメインアンプ

主な特長

  • 「Vivid & Spacious」を体現するフラッグシップモデル
  • 37種に及ぶカスタムコンデンサーを投入
  • A7075(超々ジュラルミン)による新開発トップカバー&フット
  • 全段バランスアンプ構成
  • Advanced UHC MOSシングルプッシュプル回路
  • インピーダンス切り替えスイッチ付きMC / MM対応CR型フォノイコライザー
  • 低倍率箔採用の高音質カスタム・ブロックコンデンサー
  • アルミ砂型鋳物ケース採用大容量電源トランス

「Vivid & Spacious」を体現するフラッグシップモデル

入力回路、Phono回路、プリアンプ回路、そしてパワーアンプ回路に至るまで、入念に一つ一つのパーツを吟味、カットアンドトライを繰り返しながら途方もない時間をかけてPMA-SX1 LIMITEDの音は研ぎ澄まされてきました。オーディオ機器の開発期間としては異例とも言える4年に及ぶ歳月を経て、変更されたパーツは実に400点超。コンデンサー、抵抗など音質に直接的・間接的に関与する数多くのパーツが変更され、回路パターンをより洗練させるために基板自体も新設計されました。パワーアンプ回路においてはさらなる回路のシンプル&ストレート化のために10点のパーツを削減しています。デノンが築いてきた技術的資産の集大成であるSX1シリーズを母体として、山内がエンジニアとして、そしてサウンドマネージャーとして培ってきた経験、技術、感性のすべてを注いで作り上げたのがこのSX1 LIMITED EDITIONシリーズです。新たな時代のデノンのサウンドフィロソフィー「Vivid & Spacious」を体現し、これからのデノンの進むべき道を指し示すフラッグシップモデルがここに誕生しました。

37種に及ぶカスタムコンデンサーを投入

SX1 LIMITED EDITIONシリーズの開発においては山内がサウンドマネージャーに就任する前のエンジニア時代から作り上げてきた数々のカスタムコンデンサーを惜しみなく投入しました。NEシリーズの開発過程で開発されたものや、今回のSX1 LIMITED EDITIONのために開発されたものも含め、その数は37種にも及びます。用いる素材の指定はもちろん、スリーブの素材や有無、加熱行程における温度指定、プレス工程の圧力の調整など、様々な経験とノウハウ、そしてその差を聴き分ける感性によって作られた多くのカスタムコンデンサーを巧みに使い分けることによってSX1 LIMITED EDITIONシリーズのサウンドを磨き上げています。

A7075(超々ジュラルミン)による新開発トップカバー&フット

トップカバーとフットの素材には新たにA7075(超々ジュラルミン)を採用しました。SX1 LIMITED EDITIONシリーズの開発にあたり、様々な材質を用いて試作・試聴を繰り返し、パーツ単体の性能だけではなくSX1 LIMITED EDITIONシリーズとのマッチングを慎重に吟味し、A7075を選び抜きました。A7075はアルミに亜鉛(Zn)とマグネシウム(Mg)が添加された合金で、アルミ合金の中では最も強度に優れ、航空機や車両の部品などに用いられている素材です。当初デザイン上の観点からトップカバーはサンドブラスト加工を予定していましたが、ヘアライン加工されたトップカバーをテストしたところ、サウンドステージの透明感やディテールの表現力により優れていたため最終的にヘアライン加工のトップカバーを採用しました。

全段バランスアンプ構成

PMA-SX1 LIMITEDはデノンのこれまでのSシリーズと同様に、全段バランス構成とし、BTL接続により出力を得ています。スピーカーのプラス、マイナス両端子をパワーアンプの出力段により直接駆動するため高いドライブ能力を発揮することができます。また、スピーカーのドライブ電流がグラウンド回路に直接流れ込まないため、増幅の基準となるグラウンド電位が安定しノイズや回路間の干渉が低減され正確な増幅が行えます。また、内部電圧を低く抑えられるため、低電圧用の優れたデバイスも使用可能になり部品選択の幅が広がります。その結果、にじみのないリアルな空間表現を可能にし、活き活きとした躍動感あふれる音楽表現を可能にしています。

Advanced UHC-MOSシングルプッシュプル回路

出力段は微小領域から大電流領域まで極めてリニアリティが優れているという特徴を持つUHC-MOS( Ultra High Current MOS ) FETを用いたシングルプッシュプル構成です。多数の素子を並列駆動して大電流を流す手法では素子の性能のバラツキが問題となります。1ペアという最小単位の素子による増幅は「POA-S1」の開発以来、「繊細さと力強さ」を高い次元で両立するためのデノンが磨き上げてきた伝統的な手法です。PMA-SX1 LIMITEDで用いられているUHC-MOS FETは60Aの定格電流と240Aの瞬時電流を誇り、圧倒的な余裕を持った再生を可能にしています。さらに、カスコードブートストラップ接続によりUHC-MOSのドレイン、ソース間電圧を一定に保ち、電圧に依存する増幅率(伝達アドミタンス特性)を安定化してアンプ回路全体の動作を安定させています。

シンプル&ストレートを徹底した回路構成

スピーカーによる純粋な音楽再生を突き詰めるために、プリアウト、トーンコントロール、バランスコントロール、ヘッドホン出力は非搭載としました。音楽信号の経路となる内部配線は最短化し、OFC(無酸素銅線)を用いて信号伝送時のロスを排除しています。ボタンやつまみなどの操作部や筐体デザインについてもシンプルに徹し、開発コンセプトである「シンプルかつ高性能」を徹底しています。

CR型フォノイコライザー

MC / MMそれぞれに専用入力端子を備えたフォノイコライザーには3個並列接続されたデュアルFET差動入力回路のヘッドアンプを備えたCR型イコライザー回路を搭載。NF型の課題である低域と高域での音色の違いが出ないフラットな再生が可能です。MC入力端子には入力インピーダンス切り替えも装備。「DL-103」に代表される中~高インピーダンスのカートリッジの他、海外ハイエンドブランドのカートリッジに代表される2~10Ω程度の低インピーダンスカートリッジにも最適な入力インピーダンスで対応します。CR素子には厳選された高音質部品を採用。のびやかで素直な音質でアナログレコードの音を堪能できます。また、イコライザー回路はPHONO入力を選択したときのみ電源が入る仕様となっています。CD等を再生する場合には、電源がOFFになり他の回路への影響を最小限に抑えるよう工夫を施しています。

インバーテッドΣバランス回路

バランス、アンバランスどちらの入力信号も変換回路を用いずにダイレクトにバランス構成の電圧増幅段に入力されるバランスダイレクト設計。インバーテッドΣバランス回路は低ひずみ率、高S/N比を実現し、バランスアンプでありながらシンプル、ストレートな信号経路を可能にしています。

バランス入力

様々な入力機器へ対応するため極性切り替えスイッチ付のバランス入力端子を装備しました。国産製品に多い3番HOTにも輸入製品に多い2番HOTにもリアパネルのスイッチを切り替えるだけで対応できます。

エクストラプリアンプ入力端子

ホームシアターシステムとのフロントスピーカーの共用などに便利なゲイン固定入力「EXT. PRE」入力端子を装備。AVアンプ等のプリアウト出力と接続してPMA-SX1 LIMITEDをパワーアンプとして使用することができます。

低倍率箔採用の高音質カスタム・ブロックコンデンサー

アンプの動作とは入力信号を電源回路から供給される電流に「拡大コピー」するようなものです。電源電流が汚れていればその汚れの上に信号のコピーが乗ることになり、また電源から十分な電流が供給されなければコピーが途中で切れたりゆがんだりする、つまり正確な増幅が出来ないことになります。 PMA-SX1 LIMITEDでは、その出力からすると大きすぎるとも言える電源トランスを搭載し、出力段用と電圧増幅段用には何度も試作を繰り返し慎重に吟味された低倍率箔使用の高音質カスタム・ブロックコンデンサーをそれぞれ採用しています。トランスの専用捲き線から独立電源として供給され、アンプ回路の要求する汚れのないクリーンな電流を十分に流せる強力な電源回路を構成しています。

アルミ砂型鋳物ケース採用大容量電源トランス

電源トランスはアンプのパワーの源であり、同時に不要振動やノイズの発生源でもあります。PMA-SX1 LIMITEDでは、従来のSシリーズ同様砂型アルミ鋳物のケースに特殊樹脂を充填して電源トランスから発生する振動を排除、また入念な磁気シールドによって漏洩磁束に起因する筐体内のノイズを抑制しクリーンな電源供給を行っています。均一に余裕をもって巻かれた極太の巻き線を持つトランスはクリアで力強いサウンドを生み出します。

ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション

重心を下げたハイブリッドレイヤー構造によるシャーシに電源部を設置。内部の振動発生源をフットの近くに配置しグラウンドに振動を逃がしています。トランス、大型ブロックコンデンサー、整流ダイオードには異種素材を用いたフローティング処理を施し、増幅回路への振動の伝播を排除するとともに外部から流入する振動から電源回路を守っています。さらに、トップカバーの風穴寸法を調整して共振周波数を分散するなど細部に至るまで防振、整振を徹底しています。

大型アナログ式ボリューム

ボリュームには多接点ワイヤブラシを採用したオーディオグレードのモーター式ボリュームを採用。デノンがこだわり続けるアナログ式ボリュームは入力バッファ回路が不要であるため、デジタル式に比べて、よりシンプルな回路構成に出来るというメリットがあります。また構造においても、外部振動、外来ノイズの混入を排除するため最大15mm厚の堅牢なフロントパネル、削り出しの円筒状アルミカバー、そしてアルミ無垢材の削り出しノブ採用により音質劣化につながる要素を徹底的に排除しています。

シンプルながら重厚なプレミアムデザイン

重厚感を醸し出す最大15mm厚のアルミ無垢のフロントパネルは、その外観のためだけではなく音質のために生み出されました。ボリュームノブの周囲には琥珀色に輝くイルミネーションを装備し、一層存在感を際立たせるデザインとなっています。このイルミネーションは明るめ、暗め、OFFの3段階で調整が可能です。

Yラグ&バナナプラグ対応大型スピーカー端子

スピーカー端子はYラグ、バナナプラグに対応。極太ケーブルまでをしっかりと締め込むことができる大型端子を装備しています。横一列に配置することにより、接続をよりスムーズに行うことができます。

その他の機能、特長

  • 真鍮削り出し金メッキ入出力端子
  • 録音出力端子
  • オートスタンバイモード(出荷時OFF)
  • CDプレーヤーの操作もできるリモコン

主な仕様 - PMA-SX1 LIMITED

パワーアンプ部

定格出力 50 W + 50 W (8Ω、20 Hz ~ 20 kHz、THD 0.1 %)
100 W + 100 W (4Ω、1 kHz、THD 0.7 %)
全高調波歪率 0.01 % (定格出力、-3 dB時)、負荷8Ω、1 kHz
出力端子 スピーカー:負荷 4 ~ 16 Ω
入力感度 / 入力インピーダンス EXT. PRE:0.7 V / 25 kΩ
ゲイン値:29 dB

プリアンプ部

録音出力端子 150 mV
入力感度 / 入力インピーダンス PHONO(MM): 2.5 mV / 47 kΩ
PHONO(MC Low): 200 μV / 50 Ω
PHONO(MC High): 200 μV / 100 Ω
CD、NETWORK、TUNER、AUX、RECORDER :105 mV / 47 kΩ
BALANCED:105 mV / 95 kΩ
RIAA偏差 PHONO(MM / MC): ± 0.5 dB(20 Hz ~ 20 kHz)
最大入力 PHONO(MM): 130 mV / 1 kHz
PHONO(MC): 10 mV / 1 kHz

入出力端子

アナログ音声入力端子 バランス入力×1、アンバランス入力×5、PHONO(MM)入力×1、PHONO(MC)入力×1、EXT. PRE×1
アナログ音声出力端子 アンバランス出力(RECORDER)×1
その他 IRコントロール入出力×1

総合特性

S / N比(Aネットワーク、8Ω負荷) PHONO(MM): 82 dB(入力端子短絡、入力信号5 mV)
PHONO(MC): 70 dB(入力端子短絡、入力信号0.5 mV)
CD、NETWORK、TUNER、AUX、RECORDER: 105 dB
BALANCED:102 dB(入力端子短絡)
周波数特性 5 Hz ~ 100 kHz(0 ~ -3 dB)

総合

外形寸法(W × H × D) 434 x 181 x 504 mm
質量 29.5 kg
消費電力 275 W
待機電力 0.1 W(オートスタンバイオン)
0.2 W(オートスタンバイオフ)
付属品 取扱説明書、リモコン、単4形乾電池 × 2、電源コード

発売日:2019年9月中旬

ビデオ - PMA-SX1 LIMITED

デノンサウンドマネージャー 山内慎一