AH-D9200

日本の技術と素材が生み出した新たなハイエンド・ヘッドホン

  • オーバーイヤーヘッドホン


AH-D9200交換用純正イヤーパッド プレゼント! 詳細は こちら


スペシャルコンテンツ公開中


希望小売価格:
YJ3Sz5N-MEI
ムービー
marT20
受賞&レビュー

主な特長 - AH-D9200

日本の技術と素材が生み出した新たなハイエンド・ヘッドホン

  • Handcrafted in Japan - 日本の技術と素材を結集
  • 50 mm ナノファイバー・フリーエッジ・ドライバー
  • 高知県産「孟宗竹」ハウジング
  • 軽量化によって振動系の反応性を高める CCAW ボイスコイル
  • ドライバー前後の音圧バランスを調整するアコースティック・オプティマイザー
  • 3.0m シルバーコート OFC ケーブル & 1.3m OFC ケーブルアルミダイキャストハンガー
  • 驚くほど耳に優しいイヤーパッド
 

Handcrafted in Japan

AH-D9200 に使用される孟宗竹ハウジングは、竹材の産地である高知県で生産されています。伐採、製材、切削、研磨、そして塗装の各工程において、日本屈指の木材加工技術を有する熟練の職人たちによって、ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。ハウジングやドライバー、ハンガーなど、すべてのパーツがデノンが誇るマザー工場である白河オーディオワークスに集められ、組み立てから、検査、梱包に至る全工程を専任の担当者の手によって行うことにより、極めて高い品質を実現しています。

 

50 mm ナノファイバー・フリーエッジ・ドライバー

 

軽量、高剛性、そして適度な内部損失を理想的なバランスで備えた 50mm 径のナノファイバー振動板を採用。AH-D9200 においては孟宗竹ハウジングとのマッチングのためにナノファイバーの配合比を最適化し、レーザー解析によって振動板をより歪の少ない形状に改良しました。そしてデノンのこだわりである、スピーカーと同様に振動板外周をロールエッジで支持するフリーエッジ構造に よって、振動板全域にわたる均一なピストンモーションを可能にし、 極めて低歪かつ低域の量感豊かなサウンドを実現しました。

高知県産「孟宗竹」ハウジング

南国の温暖な気候の中、適切な管理の下で育まれた高知県産の上質な「孟宗竹」をハウジングに採用。竹は、その手触りや意匠性の高さから高級車のハンドルや内装に採用されていることで知られていますが、デノンは新たなハイエンドヘッドホンのために様々な素材を検討する中で、竹が軽量性と適度な剛性、そして非常に優れた振動吸収性を併せ持つ理想的な素材であることを発見。この孟宗竹との出会いが、雄大なサウンドステージをナチュラルかつ緻密に描く、かつてない表現力を現実のものとしました。

 
 

着脱式シルバーコートOFC ケーブル

限りなく高純度な音を求め、OFC(無酸素銅)線を最も導電率の高い金属である純銀でコーティングした、シルバーコートOFC 線を導体に採用。アウターシースには手触りが良く、強度にも優れる布巻きを採用しています。プラグ部には削り出しのアルミスリーブを用いて耐久性を向上させています。

アルミダイキャストハンガー

ハンガー部には軽量かつ堅牢なアルミダイキャストを採用。音響的なパフォーマンスに貢献するだけではなく、ひとつひとつ丁寧に仕上げられた美しい輝きが所有する満足感を高めます。目盛りと明確なクリック感のあるアジャスターによって容易に最適なサイズに 調整できます。

 
 

驚くほど耳に優しいイヤーパッド

一般的な人工皮革のおよそ2倍の耐久性を備える人工皮革を独自開発。三次元縫製により、頭部のカーブにフィットし、圧力が均等にかかる理想的な形状に仕上げました。側圧を最適化する形状記憶フォームと合わせ、ストレスなく耳を包み込む装着感と気密性を実現しました。

主な仕様 - AH-D9200

形式 密閉ダイナミック型
ドライバー 50 mm フリーエッジ・ナノファイバー・ドライバー
マグネット ネオジウム・マグネット
インピーダンス 24 Ω
感度 105 dB / mW
最大入力 1,800 mW
再生周波数 5 - 56,000 Hz
質量 375 g(ケーブルを除く)
ケーブル(着脱式) 3.0 m シルバーコート OFC 線、1.3 m OFC 線
プラグ アンプ側: 6.3 mm 標準ステレオプラグ(3.0 m ケーブル )
3.5 mm ステレオミニプラグ(1.3 m ケーブル )
ヘッドホン側: 3.5 mm モノラルミニプラグ× 2
付属品 取扱説明書、6.3mm 標準プラグアダプター、クリーニングクロス

発売日:2018年9月下旬

ダウンロード - AH-D9200

pdf file
AH-D9200 取扱説明書

1.46 MB
09/04/2018

ビデオ - AH-D9200

新たなフラッグシップヘッドホン AH-D9200

受賞&レビュー - AH-D9200

レビュー
2018年10月24日
究極目指したら“竹”だった!? 型破りなデノン新時代ヘッドフォン「AH-D9200」

スピーカーでもヘッドフォンでも、筐体素材の理想の1つとされるのは“木”だ。音質が良いだけでなく、”絵になるカッコよさ”や高級感も重要だ。特にヘッドフォンマニアにとってウッドハウジングの機種は、いつか手に入れたい憧れと言える。そんなワガママなマニアのニーズに応えるだけでなく、“その先の世界”を見せてくれそうなヘッドフォンが、デノンが9月下旬に発売した「AH-D9200」だ。

2018年9月7日
デノン、“竹” 採用の新フラグシップヘッドホン「AH-D9200」。“蛇口全開のオープンな音”

デノンは、ハウジング素材に高知県産・孟宗竹を用いたフラグシップ密閉型ヘッドホン「AH-D9200」を9月下旬に発売する。価格は195,000円(税抜)。
ハウジングの素材に高知県産の「孟宗竹」という竹素材を使用したことが最大の特徴。様々な素材を検討する中で、竹が備える軽量性、適度な剛性、優れた振動吸収性に着目。ヘッドホンのハウジングの素材として最適であることを発見したという。このハウジングは、優れた木材加工技術を有する職人によって仕上げられる。